OSがあることのメリット・デメリット

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - OSがあることのメリット・デメリット
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
OSがあることのメリット・デメリットシステム構築はLinuxで

パソコンが普及し、様々な用語も広く知れ渡ってきています。
OS(オペレーションシステム)もその一つです。
パソコンを使うときに様々な手助け(オペレーション)をしてくれるソフトウェアです。
例えばWindowsはウィンドウを表示することによって視覚的な操作が分かりやすいOSです。 ユーザーにとって、使用しやすいことで非常に普及しています。

LinuxのようなUNIXを基にしたOSはコマンドを自分で打ってパソコンの処理をさせる対話型のOSであると言えます。
処理のためのコマンドを知っていないとパソコンが動いてくれませんが、一度覚えるとその便利さを実感できます。 パソコンを使用したことがない人にとっては難しく感じられますが、最近のLinuxOSでは視覚的にわかるようなディストリビューションが でていますので、好みによって選ぶことができます。

開発におけるOSの役割また、OSを組み込む製品は比較的難しい処理を行うことが多いのも特徴です。例えば金融系や大規模システムなどは 膨大な処理を行います。そのため選ばれるOSも処理能力に長けたものが選ばれています。 (実際はパソコンのメモリなども関係しますが。)

OSは、さまざまな機能を提供し、ハードウエアの差異を吸収してくれるので、非常に便利です。

しかし、OS自身ハードウエアの”資源”を消費するので、全てにおいて有効であるとは限りません。 例えば街中にある自動販売機ですが、機能がある程度限られているので、OSに相当する機能はありません。 OS自身がトラブルを起こす危険性も避けられないので、できるだけ単純な設計にしてあります。

また、一昔前の携帯電話はOSが入っていませんでした。しかし昨今の携帯電話は、通話以外にメールや 携帯サイトへのアクセス、モバイルアプリの実行など非常に多機能になりました。その結果、OSの導入が 適切であると判断され、昨今の携帯電話はほとんどOSが導入されています。

OSがあることでさまざまなシステムが構築され、私たちの暮らしをより便利に、より豊かにしてくれています。

OSのデメリットはライセンスによって費用がかかってしまうことです。
使うPCの台数が増えるほどに費用も比例してかかってしまいます。そのため、LinuxのようなオープンソースのOSを使うことで費用を削減できます。
また、WindowsOSやUNIX系OS、Linux系OSで操作が違うといったデメリットがあります。
ですので、OSが変わった時はその特徴に慣れるまで少し時間がかかってしまうかもしれません。

システム開発に欠かせないOSですので、どのOSを選ぶのか、作業者にとってわかりやすいかも検討していくとよいでしょう。